くらし情報『SNSで話題の“飾れる仏様”って?仏像に魅せられた店主が語る、仏像の魅力。』

2021年1月10日 19:00

SNSで話題の“飾れる仏様”って?仏像に魅せられた店主が語る、仏像の魅力。

目次

・仏像に魅せられた店主が語る、仏像の魅力と成り立ち。
・〈古白(こはく)〉
SNSで話題の“飾れる仏様”って?仏像に魅せられた店主が語る、仏像の魅力。

言わずと知れたお寺の街、奈良。この地には、今も昔も仏像に魅せられた人々が多く暮らす。彼らを通して私たちが知るのは、その色あせない魅力にほかならない。今回はSNSで話題の“飾れる仏様”「懸仏」をご紹介します。
SNSで話題の“飾れる仏様”って?仏像に魅せられた店主が語る、仏像の魅力。

直径14cm、小皿ほどのサイズの木のボードにちょこんと鎮座する仏様は「聖観音菩薩」「地蔵菩薩」「十一面観音菩薩」「千手観音菩薩」の4種類。丸っこさに加え、穏やかな表情を浮かべ、見る者を癒す。1点4,091円~(http://shunnakamura.theshop.jp/)。
SNSで話題の“飾れる仏様”って?仏像に魅せられた店主が語る、仏像の魅力。


1000年以上前から、寺社の壁や柱に掛け、礼拝されてきたといわれる仏像「懸仏(かけぼとけ)」。それを現代的にアップデートし、作品として発表、販売しているのは、奈良在住の彫刻家・中村駿さん。東京国立博物館で展示されていた古い懸仏に目が留まり、インスピレーションを受けたことがきっかけで制作をスタート。SNSで作品を発表すると、寺社仏閣好きの女子の間で評判に。粘土による手作りで表情がそれぞれ異なり、「玄関やベッドサイドに飾るだけで、部屋の雰囲気が和やかになる」と、お守り感覚で飾る人も。自分だけのお気に入りを見つけてみては。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.