くらし情報『「誹謗中傷コメントを削除してもらうには?」弁護士・菅原草子のお役立ち法律情報!【ネットトラブル編】』

2021年2月18日 21:00

「誹謗中傷コメントを削除してもらうには?」弁護士・菅原草子のお役立ち法律情報!【ネットトラブル編】

おおまかな流れとしては、
【1】投稿されたサイトの管理者等に相手のIPアドレス等の開示を請求。
【2】IPアドレス等から相手の利用するアクセスプロバイダ(インターネット接続サービスを提供する事業者)を特定。
【3】アクセスプロバイダに相手の個人情報の開示を請求。
という感じ。基本的に任意での開示は厳しく、裁判所の手続を用いることになるかと思います。

【ここで注意すべきポイント!】
・証拠のためにも、書き込みの内容や日時、サイトであればURLはスクリーンショットなどで保存しておくべし。
・アクセスプロバイダにおける情報保存期間は最短3ヵ月ほどなので(保存要請をしない限り)、書き込みを発見したら、早急に手続きを進めるべし。

無事に相手の個人情報を特定できたら、
【1】弁護士から警告文を送る。
【2】損害賠償請求をする(慰謝料や情報開示の費用等)。
【3】刑事告訴をする(名誉棄損罪等)。
といった方法でしっかりケジメをつけてもらうことが考えられます!

結論:「1人で悩まずに、戦うこともできます!Hanakoから始まるSTOP誹謗中傷運動!」

誹謗中傷を止めたい、泣き寝入りでは納得行かないと思っている方がいれば、やられっぱなしじゃないところを見せちゃいましょう!みんなで声を上げることで、少しでも誹謗中傷への抑止力になったらいいですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.