くらし情報『【福島】築140年の酒蔵を生かした〈はじまりの美術館〉へ。人のつながりから生まれる豊かさを体感。』

2021年3月2日 18:00

【福島】築140年の酒蔵を生かした〈はじまりの美術館〉へ。人のつながりから生まれる豊かさを体感。

目次

・アートを楽しみながら人と街とがつながり合う。
・〈はじまりの美術館〉は、こんな場です。
・「New Day基金」とは。
・「ROAD PROJECT」とは。
・〈はじまりの美術館〉
【福島】築140年の酒蔵を生かした〈はじまりの美術館〉へ。人のつながりから生まれる豊かさを体感。

2011年3月11日、午後2時46分。その時から日本は大きく変わった。そこから10年。東北を盛り上げる人が集い、場が創られ、新たな文化が誕生。〝復興〟という言葉ではくくれない、面白い動きが日々生まれています。今回は、福島県の猪苗代町で築140年の酒蔵を生かして誕生した〈はじまりの美術館〉を訪れました。長く地域に根差した歴史ある酒蔵が、趣ある姿はそのままに街の人も観光客も、みんなを迎え入れるオープンな美術館に。ここでの出会いやつながりで街に活気がもたらされています。

アートを楽しみながら人と街とがつながり合う。

【福島】築140年の酒蔵を生かした〈はじまりの美術館〉へ。人のつながりから生まれる豊かさを体感。


福島県耶麻郡猪苗代町で築140年の酒蔵を生かして〈はじまりの美術館〉が誕生したのは2014年のこと。日本財団による東日本大震災の東北支援事業「ROAD PROJECT」の一環である「New Day基金」の助成を受け、アール・ブリュットや現代アートなど多様な作品が並ぶ。「アートと出会える場であると同時に、人と人、街と観光客を結ぶハブを目指しています」と学芸員の大政愛さん。その言葉どおり、地域住民とスタッフが美術館や街のあり方を話し合う「寄り合い」からカフェをつくったりマルシェを開くなど、一般的な美術館とはひと味違う取り組みで街の日常になじんでいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.