くらし情報『“旅をする”という支援のカタチ。【宮城県】基金と熱意で復活した「獅子振り」のストーリー。』

2021年3月8日 12:00

“旅をする”という支援のカタチ。【宮城県】基金と熱意で復活した「獅子振り」のストーリー。

目次

・当たり前を失ったあの日。祭りの灯も消えかけた。
・奇跡の連鎖に導かれた「獅子振り」の復活。
・「まつり応援基金」とは。
・女川獅子振り
・ほかにもある!楽しく支援したいなら。
“旅をする”という支援のカタチ。【宮城県】基金と熱意で復活した「獅子振り」のストーリー。

2011年3月11日、午後2時46分。その時から日本は大きく変わった。そこから10年。東北を盛り上げる人が集い、場が創られ、新たな文化が誕生。〝復興〟という言葉ではくくれない、面白い動きが日々生まれています。今回は、東北の祭りをご紹介。消滅の危機に瀕した祭りが復活できた背景には、それを支えた基金と人々の熱意があった。無形の伝統芸能を目に焼きつけに、東北へ。旅をする、という支援のカタチもある。

当たり前を失ったあの日。祭りの灯も消えかけた。

それは役場にかかってきた一本の電話から始まった。「地域のお祭りの復興をお手伝いさせてもらえませんか?」たまたま受話器を取った職員(当時)の平塚英一さんは、その言葉を信じられない思いで聞いていた。なぜなら、地元・女川町に古くから受け継がれていた地域の伝統行事「獅子振り」を復活させたいと、動き始めた矢先だったからだ。2011年のことだった。

“旅をする”という支援のカタチ。【宮城県】基金と熱意で復活した「獅子振り」のストーリー。


宮城県牡鹿半島の東に位置する女川町は、人口約1万人の港町だった。東日本大震災では津波によって壊滅的なダメージを負い、町はほとんどすべてを失った。「お布団で眠れる。温かいごはんが食べられる。友達と笑い合って話せる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.