くらし情報『「お茶の器」×ブランディングディレクター・福田春美さん/“器上手”のテーブルから学ぶ。』

2021年3月6日 18:00

「お茶の器」×ブランディングディレクター・福田春美さん/“器上手”のテーブルから学ぶ。

目次

・【FOR BEGINNERS】
・Profile…福田春美(ふくだ・はるみ)
「お茶の器」×ブランディングディレクター・福田春美さん/“器上手”のテーブルから学ぶ。

おいしいものを食べるとき、お茶を飲んでほっとするとき。お気に入りの器があるとうれしい。でも、どんなものを選べばいい?その秘密を知りたくて、器上手の方々のテーブルを拝見しに伺いました。2月26日(金)発売 Hanako1194号「ハナコの防災ガイドブック」よりお届け。

プロダクトからショップ、ホテルまで、ブランディングディレクターとして実に幅広く活躍する福田春美さんは、おもてなし上手としても業界で有名。ひとりでも、友人たちを招いても、家で過ごす時間を楽しむことができるのは、ひとつひとつ吟味して選んだ愛用の台所道具やたくさんの器があってこそ。福田さんに、とくに今ハマっているというお茶の器について話を伺った。

「お茶の器」×ブランディングディレクター・福田春美さん/“器上手”のテーブルから学ぶ。

昨年〈コズミックワンダー〉で購入したという茶人・市川孝さんの茶器。「旅に持って行ける茶器です。入れ子になっているからコンパクトにスタッキングできるんです」。

「ここ2、3年で夢中になっているのが中国工夫茶の世界。日本の茶道と違い、中国茶芸はとても自由なんです。飲むお茶の種類が、烏龍茶でも紅茶でもいい。茶の席だって、室内に限らず森の中でも、砂浜でもいい。奔放でありながら、心地いい空間や時間を共有する、もてなしの原点がそこにあるような気がします」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.