くらし情報『台湾への感謝と友情がテーマ 「日台友情Always Here 311十周年東北友情特展」がいよいよスタート。』

2021年3月9日 17:00

台湾への感謝と友情がテーマ 「日台友情Always Here 311十周年東北友情特展」がいよいよスタート。

目次

・東北で実感する台湾の存在感の大きさ。動画でメッセージ、ずっと台湾を思い続けている東北からの感謝の気持ち。
・「日台友情Always Here311十周年東北友情特展」
・「日台之心音樂會市集」
台湾への感謝と友情がテーマ 「日台友情Always Here 311十周年東北友情特展」がいよいよスタート。

この3月11日で東日本大震災の発生から10年を迎える。当時世界中からたくさんの援助が東北に届いたが、中でも大きな支えとなったのが台湾だった。そんな台湾への感謝と今後も変わらぬ友情を願って、台湾における日本の窓口機関である〈日本台湾交流協会〉が台北でイベントを行う。Hanako編集部もその展示構成に参加している。早速そのコンテンツをご案内しよう。
台湾への感謝と友情がテーマ 「日台友情Always Here 311十周年東北友情特展」がいよいよスタート。


「日本と台湾の友情」をテーマに、台北の〈華山1914〉で開かれるのが、「日台友情Always Here311十周年東北友情特展」と、マーケットと音楽のイベント「日台之心音樂會市集」だ。

台湾への感謝と友情がテーマ 「日台友情Always Here 311十周年東北友情特展」がいよいよスタート。

会場となる台北の〈華山1914〉。
台湾への感謝と友情がテーマ 「日台友情Always Here 311十周年東北友情特展」がいよいよスタート。

この10年、東北へ通ったという長野陽一さんの作品。
台湾への感謝と友情がテーマ 「日台友情Always Here 311十周年東北友情特展」がいよいよスタート。

台湾のクリエーターが絵付けしたこぼし(写真:起き上がりこぼしプロジェクト)

Hanako編集部は「日台友情Always Here311十周年東北友情特展」の展示を担当。その内容は「東北の過去と今」、「日本から感謝の声」、「日本から見た台湾の魅力」、「日本と台湾の交流」と4つのテーマからなる。注目は「東北の過去と今」がテーマのゾーン。本誌でも活躍する写真家の長野陽一さんが10年東北に通って収めた写真や、震災当時に手書きの新聞で地域の住民に情報を伝え、世界でも注目された〈石巻日日新聞〉も紹介する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.