くらし情報『料理家・冷水希三子さんが注目する”器作家”とは?/“器上手”のテーブルから学ぶ。』

2021年3月12日 12:00

料理家・冷水希三子さんが注目する”器作家”とは?/“器上手”のテーブルから学ぶ。

目次

・「どんな料理を盛りたいか」それが見えてくるかどうか。
・【FOR BEGINNERS】
・Profile…冷水希三子(ひやみず・きみこ)
料理家・冷水希三子さんが注目する”器作家”とは?/“器上手”のテーブルから学ぶ。

おいしいものを食べるとき、お茶を飲んでほっとするとき。お気に入りの器があるとうれしい。でも、どんなものを選べばいい?その秘密を知りたくて、器上手の方々のテーブルを拝見しに伺いました。今回ご紹介するのは料理家・冷水希三子さんです。

「どんな料理を盛りたいか」それが見えてくるかどうか。

料理家・冷水希三子さんが注目する”器作家”とは?/“器上手”のテーブルから学ぶ。

コンポートは岡山・備前で焼しめを作る寺園証太さんの作品。「りりしい佇まいでありながら軽やかな印象」。ピッチャーやボウルなど白い器は中本純也さん作。手前のボウルは岡山の掛谷康樹さんの民芸の器、奥はメキシコのオアハカで購入。

料理家の冷水希三子さんの自宅兼仕事場を拝見して驚くのは、食器棚にずらりと並ぶ器の数。陶器、木のもの、ガラス…と分類され並べられた器たちは整然と美しい。冷水さんが今、注目するのは自分の世界をきちんと持つ、若手作家の作品だと言う。

料理家・冷水希三子さんが注目する”器作家”とは?/“器上手”のテーブルから学ぶ。

はじめて買った荒川真吾さんの中皿。

「海外のものもアンティークも民芸の器ももちろん好きですが、今、面白いなと思っているのは、日本の器作家さん。陶芸家って、国内をざっと見るだけでも上手な人がたくさんいる。ただ、その一段上を行く、光るものを持っている方々、圧倒的な個性や世界観を持つ作品を生み出す方々はほんのひと握り。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.