くらし情報『女性ができるボランティアって?『何かをしたい』と思った時に役立つ!プロに聞くHow Toガイド。』

2021年3月13日 12:00

女性ができるボランティアって?『何かをしたい』と思った時に役立つ!プロに聞くHow Toガイド。

目次

・【step#1】参加しよう!と思ったらまずは…情報収集から
・【step#2】いよいよ出発!でもその前に…準備するもの、服装
・【step#3】被災地に到着!知っておきたいのは…従事する際の注意点
・【step#4】初心者でも参加しやすい女性が活躍するボランティア
女性ができるボランティアって?『何かをしたい』と思った時に役立つ!プロに聞くHow Toガイド。

がれきの除去など、体力仕事だけがボランティア活動ではありません。話を聞いたり、支援金というカタチでのサポートもあるんです。「やってみたい」を「やる」に変えるために。今、知っておきたいこと。今回ご紹介するのは、地震や水害などの被災地で必要とされる「災害ボランティア」。いざ、という時、すぐに動き出すために。プロに聞くHow Toガイド。

【step#1】参加しよう!と思ったらまずは…情報収集から

女性ができるボランティアって?『何かをしたい』と思った時に役立つ!プロに聞くHow Toガイド。


テレビのニュースからSNSまで、洪水のように押し寄せる被災地の情報。その中で、今必要とされているのはどんなことかを含め、宿泊場所や移動手段、現地での実際の動きなどを冷静に情報収集することが大切。「上記は信頼できる情報が掲載されているHPです」(一般社団法人ボランティアプラットフォーム海外事業部マネージャー・大熊あすかさん)

【step#2】いよいよ出発!でもその前に…準備するもの、服装

女性ができるボランティアって?『何かをしたい』と思った時に役立つ!プロに聞くHow Toガイド。

女性ができるボランティアって?『何かをしたい』と思った時に役立つ!プロに聞くHow Toガイド。


受入れ先の情報や受入れ条件をしっかり確認する。「と同時に、現地に行ってからの動きや、自身が安全に活動するために必要なことをイメージしながら、持ち物の準備を。特に二次災害によるケガや、感染症に罹患した際に補償してくれるボランティア活動保険への加入は必須です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.