くらし情報『東北で活躍し、東北を愛する人たち。/〈fuku farming flowers〉代表・福塚裕美子さん『一度は離れ、夢を叶える場所として再び移住。』』

2021年3月15日 16:29

東北で活躍し、東北を愛する人たち。/〈fuku farming flowers〉代表・福塚裕美子さん『一度は離れ、夢を叶える場所として再び移住。』

そして3年弱を川内村で過ごした福塚さんは、個人で支援することの限界を感じ、村を離れて自分の夢に向かうことを決意する。「悔しさや申し訳ない気持ちを抱えながら泣く泣く村を出たので、離れてからのほうがつらかったですね」

ドイツ行きが決まったことを村の人たちに報告する際、福塚さんは、自分でも思いがけず、帰国したら川内村に戻ってくると宣言していた。そして2018年、2度目の移住。「1度目との違いは、支援者として来ていないこと。自分が生きたい場所で暮らすことと、花屋になること、どちらも譲れないので川内村で花屋をやることにしたんです」そして、村だけでなく双葉郡でも唯一の生花店となる〈fuku farming flowers〉を開業し、スーパーの店頭などで移動販売を行うように。「花が身近に咲いていることに、震災後3年経って気づいたという人もいましたし、除染で庭の花が全部なくなって花に対する欲も消えてしまったけれど、また少しずつ植えてみようと見に来てくれる人も。生活の中に花があることの豊かさを知って、それ以来ずっと切らさないように買いに来てくれる方もいます」

4月には、村内の「ひと目で恋をしてしまった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.