くらし情報『「みやぎ絆大使」でもある俳優・黒羽麻璃央がいま、思うこと。『震災の記憶を風化させないために発信し続ける。』』

2021年3月17日 12:00

「みやぎ絆大使」でもある俳優・黒羽麻璃央がいま、思うこと。『震災の記憶を風化させないために発信し続ける。』

目次

・“歩み寄ろうとする気持ちだけで、うれしい”
・Profile…黒羽麻璃央(くろば・まりお)
「みやぎ絆大使」でもある俳優・黒羽麻璃央がいま、思うこと。『震災の記憶を風化させないために発信し続ける。』

故郷の危機をきっかけに行動を起こした人、チャリティ活動をする人。全員に共通するのは、“ずっと続けていく”という気持ちでした。今回ご紹介するのは、俳優・黒羽麻璃央さん。宮城県出身で地元をこよなく愛する黒羽麻璃央さんは、自身も高校時代に東日本大震災を経験したひとり。現在、「みやぎ絆大使」として、積極的に地元のPRに努めています。

“歩み寄ろうとする気持ちだけで、うれしい”

「みやぎ絆大使」でもある俳優・黒羽麻璃央がいま、思うこと。『震災の記憶を風化させないために発信し続ける。』

Tシャツ12,000円(Ground Y―ヨウジヤマモト プレスルーム 03-5463-1500)/その他スタイリスト私物

あの日は高校2年生の終業式でした。午前中で学校が終わって、友達の家で髪を染めていたタイミングでものすごい揺れがきて。たぶんあれが人生で初めて死を覚悟した瞬間でした。長い揺れがようやくおさまって外に出たら、地面が陥没していたり、地割れしていたり…。これはただごとじゃないなって、慌てて家に帰りました。幸い家に津波の被害はなかったのですが、テレビもつかないし携帯電話も圏外で情報が何も入ってこず、いろんな状況を把握したのは翌朝になってからのこと。
生活も、その日から一気にサバイバル。暖房がつかないから、ダウンを2枚着込み、毛布や家にあるありったけの布を集めて夜の寒さをしのいで。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.