くらし情報『and recipe料理人・山田英季さん『旅に出たら、その国の“合羽橋”を探す。』/“器上手”のテーブルから学ぶ。』

2021年3月17日 15:00

and recipe料理人・山田英季さん『旅に出たら、その国の“合羽橋”を探す。』/“器上手”のテーブルから学ぶ。

目次

・本格的な料理に見えるし、旅する気分も味わえる。
・【FOR BEGINNERS】
・Profile…山田英季(やまだ・ひですえ)
and recipe料理人・山田英季さん『旅に出たら、その国の“合羽橋”を探す。』/“器上手”のテーブルから学ぶ。

おいしいものを食べるとき、お茶を飲んでほっとするとき。お気に入りの器があるとうれしい。でも、どんなものを選べばいい?その秘密を知りたくて、器上手の方々のテーブルを拝見しに伺いました。今回ご紹介するのは、and recipeの料理人・山田英季さんです。

本格的な料理に見えるし、旅する気分も味わえる。

and recipe料理人・山田英季さん『旅に出たら、その国の“合羽橋”を探す。』/“器上手”のテーブルから学ぶ。

台湾のフリーマーケットで見つけた愛らしい花柄のお茶碗。

おいしいものと旅をテーマにしたand recipeの料理人、山田英季さん。「旅に出たら、まずその国の“合羽橋(かっぱばし)”を探します」と笑う。台湾、韓国などアジアから欧米まで。合羽橋のような業務用の調理道具や食器が手に入る場所からフリーマーケットまで訪れる。そんな、旅して持ち帰った好きな国の器が、食卓をより豊かにしてくれると言う。

and recipe料理人・山田英季さん『旅に出たら、その国の“合羽橋”を探す。』/“器上手”のテーブルから学ぶ。

韓国の匙、スッカラも使い勝手がいいと山田さん。「持ち手が長いので、使いやすくて重宝します。金属の箸も取り箸として使うとおしゃれな印象です」。

「職業柄、器はたくさんそろえています。中でも思い入れがあるのは、海外で見つけた器。使うたびに、旅の思い出がよみがえるのが素敵だし、国内で買ったものとは違う特別な思い入れがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.