くらし情報『【都市の防災対策】簡単チャート式で学ぶ!災害のときにするべき行動+日常の備え。』

2021年3月18日 18:00

【都市の防災対策】簡単チャート式で学ぶ!災害のときにするべき行動+日常の備え。

目次

・災害発生!どんな備えが必要か、チャート式で考える。
・考えること
・どこへ行く?
・必要なもの
・備えの3つの基本、まずはここから!
・Teachers
【都市の防災対策】簡単チャート式で学ぶ!災害のときにするべき行動+日常の備え。

災害は、時と場所を選んではくれません。自分がどこにいるかによって、その後にとるべき行動も、必要となってくる備えも変わります。そこで今回は、簡単チャート式で学ぶ防災の基本をご紹介します。

災害発生!どんな備えが必要か、チャート式で考える。

【都市の防災対策】簡単チャート式で学ぶ!災害のときにするべき行動+日常の備え。


考えること

a.家にいる。…ハザードマップを事前に確認する。
浸水や土砂災害などの危険範囲を示すハザードマップは自治体が発行・配布している。事前に確認し、状況に合った判断を。

b.会社にいる。…会社の安全と交通状況を確認する。
建物が安全か、避難経路が確保できているかを確認。道路状況や交通状況を見て、帰宅するかその場にとどまるかをまず判断。

c.電車・徒歩など移動中。…情報を収集し安全を確認する。
移動中は、パニックにならず、落ち着いて行動することが大事。スマホを使い、ネットなどで災害情報をチェックしよう。

どこへ行く?

a.避難所へ行く。
自宅が危険な場合は、最寄りの避難所へ。受け入れできない場合もあるので、何カ所か調べておこう。

b.家にとどまる。
在宅避難はストレスが少ないが、頼りは自分。非常食や防災グッズをしっかりと準備しておきたい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.