くらし情報『【都市の防災対策】簡単チャート式で学ぶ!災害のときにするべき行動+日常の備え。』

2021年3月18日 18:00

【都市の防災対策】簡単チャート式で学ぶ!災害のときにするべき行動+日常の備え。

c.会社にとどまる。
会社が安全と判断したら、とどまる判断もあり。事前に社内の備蓄は何があるのか、知っておこう。

d.最寄りの安全な場所へ。
指定避難所のほか、ホテルや映画館が臨時の避難場所になっていることも。SNSで情報収集を。

必要なもの

1.家の防災袋2.家の備え3.会社の防災袋4.ポーチの備え

備えの3つの基本、まずはここから!

1.備蓄の基本は1週間分。
大災害の場合、ライフラインの復旧や配給が来るまでは、早くても1週間。水と食料はもちろん、調理をするためのカセットコンロとガスボンベも忘れずに。

2.スマホは生命線。充電は必須。
何はなくとも、スマホがあれば何とかなる!ラジオやライト、連絡手段、情報収集と1台で何役もこなしてくれる頼れる味方。フル充電+充電器は必携!

3.トイレはまず使えなくなる。
断水や排水管の破裂が起きると、下水道が使えなくなる。トイレを無理に使うと詰まりや逆流の原因に。災害用トイレは必ず多めに準備しておいて。

Teachers

・佐々木真琴(ささき・まこと)
岩手県宮古市に生まれ、中学2年で東日本大震災を経験。現在、防災NPO法人〈プラス・アーツ〉に携わる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.