くらし情報『クリエイティブディレクター・箭内道彦さんが思う、復興のこと。『約束したのは、広告と音楽の力で一生支え続けること。』』

2021年3月20日 18:00

クリエイティブディレクター・箭内道彦さんが思う、復興のこと。『約束したのは、広告と音楽の力で一生支え続けること。』

目次

・「外からの“発見力”も復興のパワーになる」
・【箭内道彦さんの活動】
・Profile…箭内道彦(やない・みちひこ)
クリエイティブディレクター・箭内道彦さんが思う、復興のこと。『約束したのは、広告と音楽の力で一生支え続けること。』

故郷の危機をきっかけに行動を起こした人、チャリティ活動をする人。全員に共通するのは、“ずっと続けていく”という気持ちでした。今回ご紹介するのは、クリエイティブディレクター・箭内道彦さん。福島への愛を込めた歌にはじまり、復興イベントや農産物のPR活動など、さまざまな形で故郷を支援している箭内道彦さん。長年磨いたクリエイティブの力を携え、10年ともに歩み続けてきました。

「外からの“発見力”も復興のパワーになる」

クリエイティブディレクター・箭内道彦さんが思う、復興のこと。『約束したのは、広告と音楽の力で一生支え続けること。』


故郷が震災に遭って、最初はとても動揺しました。駆け付けようとして「今来られても困る」と言われ、寄付をするために銀行に1億円借りに行って断られ。そんな時、一緒に猪苗代湖ズというバンドを組む山口くん(サンボマスター・山口隆)が言ったんです。「あの歌がある」と。それが「I love you & I need you ふくしま」です。震災の半年前からロックフェスで歌っていたこの歌をすぐにレコーディングして3月20日に配信リリース。ジャケットを作ってCD化して、メディアで取り上げてもらえる仕組みをあれこれ考えて。支援としてはこれが最初の活動。売り上げは全額福島に寄付しました。

僕は約束が大嫌いですが、震災直後、県民へのメッセージを地元のテレビ局から求められて「一生支援します」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.