くらし情報『器ブームが到来!【台湾】歴史ある器の町「鶯歌」は、陶器好きなら一度は行きたいスポット。』

2021年3月21日 12:00

器ブームが到来!【台湾】歴史ある器の町「鶯歌」は、陶器好きなら一度は行きたいスポット。

目次

・歴史ある器の町は変化の時を迎えていた。
・窯元での楽しみ。
・2.〈安達窯(アンタ・ポタリー)〉
・デザインの力で、台湾から世界へと羽ばたく産業を。
・Navigator…艾 淑婷(アイシューティン)
器ブームが到来!【台湾】歴史ある器の町「鶯歌」は、陶器好きなら一度は行きたいスポット。

台湾でも家で料理をする人が増えたこともあり、まさに今、器ブームが到来中。窯元として有名な鶯歌(イングー)は、昔も今も日本人が器作りに一役買っています。

歴史ある器の町は変化の時を迎えていた。

器ブームが到来!【台湾】歴史ある器の町「鶯歌」は、陶器好きなら一度は行きたいスポット。


台北の駅から30分ほど台湾鐡路に揺られれば、陶磁器の町「鶯歌」駅に到着だ。窯元と聞けば、ぜひ行ってみたい!と思う人は多いだろう。鶯歌は200年ほど前から陶磁器が作られている町で、かつて日本人が器の作り方を伝えた歴史もある。レンガ造りの古い建物に器のお店が連なって、時が止まったような雰囲気が漂う。この町は、台湾茶の道具作りに取り組む工房が多い一方、観光地として週末は多くの人がやってくるスポットでもある。

もともと台湾は自炊より外食文化が盛んで、毎日自宅で陶器を使う人が少ない。だからここ十数年はコーヒーチェーンのマグカップなどのOEMを作る工房が増え、ろくろなどを使用する人は少なくなってしまった。そんな鶯歌に変革が起こっている。2019年から、台湾のデザイン研究院と日本の〈中川政七商店〉がコンサルタントとして、〈メソッド〉の山田遊さんがクリエイティブディレクターとして、器作りの支援を始めたのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.