くらし情報『〈フォーシーズンズホテル東京大手町〉のレストラン 〈est〉で過ごす幸せタイム。』

2021年3月31日 19:00

〈フォーシーズンズホテル東京大手町〉のレストラン 〈est〉で過ごす幸せタイム。

〈フォーシーズンズホテル東京大手町〉のレストラン 〈est〉で過ごす幸せタイム。

中身がモッチモチのシャンピニオンは大豆のフムスを付けて。

キノコの形がかわいいフランスパン、シャンピニオンはきな粉入り。皮の部分はパリッと香ばしく、内部はしっとりもちもちです。パンにはフムスを付けていただきます。フムスはひよこ豆で作るのが一般的ですが、プラカヴァルさんは大豆を使って日本人に馴染みのある味わいに。

〈フォーシーズンズホテル東京大手町〉のレストラン 〈est〉で過ごす幸せタイム。

春の風味たっぷりの「貝類のナージュ 新玉ねぎ」。

スープとしていただいたのは「貝類のナージュ 新玉ねぎ」です。白ワインのなかで火を通したあさりとはまぐり、ほっき貝という3種類の貝類のエキスと、わらと一緒に火を通したという甘い新玉ねぎを組み合わせた春らしいひと皿。トッピングされたハーブと、スープの中に仕込まれたほうれん草とルッコラのピューレも爽やかです。

〈フォーシーズンズホテル東京大手町〉のレストラン 〈est〉で過ごす幸せタイム。

コンフィで半生のように仕上げた「北海道産桜鱒 春菊」。

魚料理は「北海道産桜鱒春菊」。桜鱒はコンフィになっています。オリーブオイルで30分ほどかけて低温調理されているので、桜鱒の鮮やかな桜色はそのまま。生の春菊とソテーした春菊が桜鱒の上部に。春菊は濃い緑色が印象的なソースにも使われています。しっとり柔らかく仕上がった桜鱒とかすかに苦みのある春菊という日本的な食材の組み合わせには、刻んだレモンの皮をプラス。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.