くらし情報『エコバッグより便利?超撥水加工で水も運べる「防災ふろしき」を使ってみた。』

2021年3月26日 07:00

エコバッグより便利?超撥水加工で水も運べる「防災ふろしき」を使ってみた。

目次

・日常でも被災時でも使えるサステナブルな防災ふろしき。
・バッグやストール、防寒対策にも使える!
・超撥水加工ふろしきだから、水も運べるし、シャワーにもなる!
・使い方11通り以上!防災ふろしきだからこそ叶う多彩な用途。
・「防災ふろしき」
エコバッグより便利?超撥水加工で水も運べる「防災ふろしき」を使ってみた。

東日本大震災から10年を迎えた2021年、改めて防災意識を高めていきたいタイミングでもあります。いつどこで被災するかわからないからこそ、日頃から使えるアイテムとして防災グッズを取り入れられたらいいですよね。今回、日常使いもできてしまう「防災ふろしき」を見つけたので、実際に使ってみました。

日常でも被災時でも使えるサステナブルな防災ふろしき。

エコバッグより便利?超撥水加工で水も運べる「防災ふろしき」を使ってみた。

「防災ふろしき」4,730円(税込、送料別)。

工夫次第で何十通りもの使い方ができる〈Planners〉の「防災ふろしき」。トップスイマーの水着にも採用されている世界最高レベルの超撥水加工素材「dewelry(R)」で作られており、災害時に水を運ぶ際や傘代わりとしての利用だけでなく、バッグや防寒対策としてなど、 日常のさまざまなシーンで使うことができます。

ちなみにサイズは96cm×96cmで重さは約150g。折り畳めるので、持ち運びにも便利です。

バッグやストール、防寒対策にも使える!

エコバッグより便利?超撥水加工で水も運べる「防災ふろしき」を使ってみた。


「防災ふろしき」の使い方として、公式の情報では11通りのアイディアを紹介。しきもの、シャワー、バッグ、バケツの代わり、傘の代わり、授乳ケープ、防寒、雨や水からデジタルデバイスを守る、おむつ、避難所でのしきり、頭巾・マスクとして使えると書いてあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.