くらし情報『5つの飲食店が揃う有楽町の新スポット〈エキュートエディション有楽町〉。』

2021年4月5日 15:00

5つの飲食店が揃う有楽町の新スポット〈エキュートエディション有楽町〉。

目次

・1. あの有名な駅弁の具材をおつまみに。〈荻野屋 弦〉
・2. 銭湯がテーマの店内で餃子と乾杯。〈有楽町GYOZA待合室〉
・3. ワインの世界を気軽に広げられる。〈nomuno EXPRESS〉
・4. 食と音楽、コーヒー、クラフトジンで1日を彩る。〈THE STAND〉
・5. アメリカンなメニューが盛り上がる。〈TOKYO ALEWORKS STATION TAPROOM〉
5つの飲食店が揃う有楽町の新スポット〈エキュートエディション有楽町〉。

有楽町駅の高架下にある〈エキュートエディション有楽町〉。2020年8月に一部をオープンしていましたが、新たに2つのお店がオープンして、5つの飲食店が揃いました。"Five Interactive Salon"というコンセプトのもと、気軽に立ち寄って食事やお酒を楽しめる〈エキュートエディション有楽町〉内の5店舗をご紹介します。

1. あの有名な駅弁の具材をおつまみに。〈荻野屋 弦〉

5つの飲食店が揃う有楽町の新スポット〈エキュートエディション有楽町〉。

左「峠の釜飯」1,100円、右「有楽町の釜めし 弦」1,500円。
5つの飲食店が揃う有楽町の新スポット〈エキュートエディション有楽町〉。

テイクアウト用のお弁当は、軽い容器が使われています。

陶器の器に見覚えのある人も多いはず。新しく〈エキュートエディション有楽町〉にオープンした〈荻野屋 弦〉はあの駅弁「峠の釜めし」がイートインやテイクアウトで食べられるお店です。しかし、それだけではありません。お馴染みの「峠の釜めし」に加えて〈エキュートエディション有楽町〉だけで食べられる「有楽町の釜めし 弦」も用意。「峠の釜飯」は鶏肉が使われていますが、「有楽町の釜めし 弦」はブランド牛、上州牛の貴重部位、イチボが使われています。お米はもちろん安曇野産コシヒカリを秘伝のダシで炊き上げています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.