くらし情報『築100余年の日本家屋で楽しむ、コーヒーのコースメニューとは?〈ブルーボトルコーヒー 京都カフェ The Lounge -Kyoto-〉』

2021年5月12日 12:00

築100余年の日本家屋で楽しむ、コーヒーのコースメニューとは?〈ブルーボトルコーヒー 京都カフェ The Lounge -Kyoto-〉

カウンター5席、テーブル席2席。ハリー・ベルトイアの名作、〈Knoll〉のワイアーチェアが畳の間に馴染みます。

築100余年の日本家屋で楽しむ、コーヒーのコースメニューとは?〈ブルーボトルコーヒー 京都カフェ The Lounge -Kyoto-〉

本日のお品書き。季節によって変わるコーヒー豆の産地やお菓子の内容も楽しみ。
築100余年の日本家屋で楽しむ、コーヒーのコースメニューとは?〈ブルーボトルコーヒー 京都カフェ The Lounge -Kyoto-〉

カスカラのフィズは、甘酸っぱさがシュワッと喉をくすぐり、1杯目に最高!

1品目はスパークリングドリンク、その名も「FIZZ(フィズ)」。コーヒーの果肉を乾燥させた「カスカラ」を使ったタイプorコーヒーを使ったタイプの2種類で、本日は季節の柑橘=甘夏を加えたカスカラフィズをチョイス。カスカラは最近、スーパーフードとしても注目される素材で、それを使ったモクテルから始まるなんて今っぽくて楽しいです。シュワシュワッと涼やかな喉越しがスターターにぴったり。

築100余年の日本家屋で楽しむ、コーヒーのコースメニューとは?〈ブルーボトルコーヒー 京都カフェ The Lounge -Kyoto-〉

〈Hario〉のネルドリッパーを使用。ちなみにバリスタ着用のデニム地のユニフォームは、こちらと清澄白河フラッグシップカフェだけの限定デザインだそう。
築100余年の日本家屋で楽しむ、コーヒーのコースメニューとは?〈ブルーボトルコーヒー 京都カフェ The Lounge -Kyoto-〉

〈ブルーボトルコーヒー〉でネルドリップを提供するのは清澄白河のフラッグシップカフェとこのラウンジだけ。

2品目は、〈ブルーボトルコーヒー〉でもついに導入されたネルドリップを。フランネルの布フィルターを使った、日本の喫茶文化でも長く愛されてきた抽出法で、バリスタが目の前でドリップしてくれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.