くらし情報『台湾ストリートフードとクラフトビールが味わえる注目の新店〈also〉。』

2021年6月7日 15:00

台湾ストリートフードとクラフトビールが味わえる注目の新店〈also〉。

目次

・台湾らしさを感じさせる2階建ての趣ある建物。
・食感や喉越しのよさを追求した、お酒にも合う水餃子と麺。
・これぞ食べ歩きの味!スパイスの香りとサクサクの衣が魅力の「鹽酥雞/台湾クリスピー唐揚げ」。
・缶入りなら冷蔵庫から自分で選ぶクラフトビールも種類豊富!
台湾ストリートフードとクラフトビールが味わえる注目の新店〈also〉。

気になるお店が増えてきた文京区の白山。中でも今年2月にオープンした〈also〉は、台湾ストリートフードを中心としたメニューをクラフトビールと楽しめると注目のお店です。台湾の味と雰囲気を求めて、〈also〉にお邪魔してきました。

台湾らしさを感じさせる2階建ての趣ある建物。

台湾ストリートフードとクラフトビールが味わえる注目の新店〈also〉。


〈also〉がオープンしたのは、2021年2月のこと。都心では珍しい2階建の一軒家を使ったレストランです。この建物でお店を始めるに当たって、台湾で食堂などに使われる「荘」の文字が似合うと感じたことから、その音を使った〈also〉と名付けたのだとか。

台湾ストリートフードとクラフトビールが味わえる注目の新店〈also〉。

店内1階。
台湾ストリートフードとクラフトビールが味わえる注目の新店〈also〉。

店内2階。

店内に入ると、従来の台湾料理店とは一線を画する洗練されたインテリア。今の台湾にあるレストランをイメージした雰囲気を味わえます。2階建てを生かして、店内は広々としています。

食感や喉越しのよさを追求した、お酒にも合う水餃子と麺。

台湾ストリートフードとクラフトビールが味わえる注目の新店〈also〉。

「オリジナル水餃(豚肉/黄ニラ) 」790円。

〈also〉で必ず食べたいのは、ワンタンや水餃子。小麦粉と塩、水だけで練り上げた自家製の皮は、歯応えはもっちり、喉越しはつるりとしています。

現地では皮を食べる感覚がありますが、お酒と合わせて食べて欲しいとあんにも独自の工夫が施されています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.