くらし情報『選びたくなる伝統の“おいしいもの”6選。いつも使う調味料や食材も、古き良き日本の味を。』

2021年6月14日 18:00

選びたくなる伝統の“おいしいもの”6選。いつも使う調味料や食材も、古き良き日本の味を。

目次

・1.〈寺田本家〉受け継がれた発酵文化の奥深さを知る。
・2.〈戸塚醸造店〉無添加、無農薬で受け継ぐ伝統製法の味を楽しむ。
・3.〈マニエ〉不ぞろいだっておいしい。新しい食べ方を発見する。
・4.〈ほどほど屋エイト〉こだわりの製法で生まれた「和」を知る。
・5.〈藤原みそこうじ店〉丁寧につくられた味に自然のありがたさを感じる。
・6.〈中田食品〉先人たちの知恵が詰まった保存食をアレンジする。
選びたくなる伝統の“おいしいもの”6選。いつも使う調味料や食材も、古き良き日本の味を。

毎日、当たり前に使っている調味料や食材も、なんでもいいと思って選んでいませんか?製法や想いを知れば、選び方も変わる。古き良き日本の味に触れる、おいしいものたち。

1.〈寺田本家〉受け継がれた発酵文化の奥深さを知る。

選びたくなる伝統の“おいしいもの”6選。いつも使う調味料や食材も、古き良き日本の味を。

「うふふのモト」を使った発酵アレンジレシピも好評。練りゴマ、しょうゆ、酢、しょうが汁などを合わせれば、麺や温野菜につけて食べたいゴマだれに。「うふふのモト」160g 302円(寺田本家 0478-72-2221)

昔ながらの蔵にすみ着く菌の力を大事にし、酒造りに取り組むこちら。自然酒造りに励むなかで生まれた「うふふのモト」は、酒蔵の麹菌と乳酸菌を活用。麹の力と乳酸菌が低温発酵することで米の甘みとさわやかな酸味が。全国の酒店ほかオンラインからも購入可。

2.〈戸塚醸造店〉無添加、無農薬で受け継ぐ伝統製法の味を楽しむ。

選びたくなる伝統の“おいしいもの”6選。いつも使う調味料や食材も、古き良き日本の味を。

かめの中で1年以上かけて発酵熟成させる伝統製法「静置発酵」がおいしさの秘訣。お酢造りから梱包作業まで、戸塚さんご夫妻が全て手作業でこなす。「心の酢」500ml 821円(戸塚醸造店 0554-56-7431)

有機栽培米と富士山の伏流水、そしてお酢造りに不可欠な麹菌・酵母・酢酸菌の働きで生まれた純米酢。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.