くらし情報『お湯の中で花が咲く!見て・飲んで・楽しめる美しい工芸茶9選』

2021年7月2日 18:00

お湯の中で花が咲く!見て・飲んで・楽しめる美しい工芸茶9選

目次

・1.「財源茂盛(ざいげんもせい)」真ん中のふくらみから、連なって浮かび上がる3つの菊。
・2.「玉免茶(ぎょくとちゃ)」うさぎの姿から一変、ジャスミンと蓮の花が広がる。
・3.「 神龍茶(しんりゅうちゃ)」「使者」と名付けられたお茶は、縁起物として贈り物にも。
・4.「康藝満球(こうげいまんきゅう)」丸い球の中から、優雅な花が開く上品なお茶。
・5.「花茗大王(かめいだいおう)」大輪のカーネーションが開く。ぜひ大きなグラスやポットで。
・6.「花藍(はなかご)」緑茶のかごに咲き乱れる花々。お祝いや記念日にどうぞ。
・7.「オーバーザレインボー」その華やかな変身に歓声が上がること間違いなし。
・8.「ブライダルブーケ」花が舞い散る儚い一瞬を逃さぬようお湯を注いだら、目を離さずに。
・9.「萬代紅(まんだいこう)」存在感ある大きなバラが一輪。シンプルで潔い美しさ。
・〈クロイソス銀座本店〉
お湯の中で花が咲く!見て・飲んで・楽しめる美しい工芸茶9選

中国茶独特のティーセレモニーや器の楽しみ方を知れば、芳しいお茶の世界に浸れそう。今回ご紹介するのは、美しい工芸茶。ハーブティーのような優しさのある味わいだ。美しいうえに、安全でおいしい工芸茶をご紹介します。Hanako特別編集「私が知りたいお茶のこと、すべて。」よりお届け。

お湯を注ぎ入れると、少しずつ茶葉がほどける。そこから花がふわりと開いたり、小さな花びらがゆらゆら浮き出したり。工芸茶の特徴は、もちろん、その見た目の美しさだ。このお茶が生まれたのは、1986年。中国で汪芳生(おうほうせい)氏が考案し、瞬く間に広まって日本へも輸入された。だが「きれいだけど味はイマイチ」と言われることも。汪氏の模倣品が出回ってしまったためだった。

「汪さんやそのお弟子さんたちの工芸茶は、茶葉にこだわっているからおいしい。その味を伝えたいと思って、直接やりとりして仕入れています」と〈クロイソス〉の合田由佳さんは話す。現地でオーガニック認定されている茶葉を入念にチェックし、さらに、日本から医療用の安全な糸を送っているという。一つで2〜3名分、3煎まで楽しめ、ハーブティーのような優しさのある味わいだ。美しいうえに、安全でおいしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.