くらし情報『上石神井のイベントスペース〈東京おかっぱちゃんハウス〉が目指すのは、誰もがくつろげる居心地のいい場所。』

2021年7月3日 14:00

上石神井のイベントスペース〈東京おかっぱちゃんハウス〉が目指すのは、誰もがくつろげる居心地のいい場所。

新宿線上石神井駅

「上石神井」駅から歩いて10分ほどの住宅街にある築70年の立派な古民家。
イラストレーターのBoojil(ブージル)さんと夫の伊藤篤志さんは、2013年、この場所を住まいにしながら、イベントスペース〈東京おかっぱちゃんハウス〉をスタート。「人が集まれる場所をつくりたい」と、2人が思い描いていた居心地のいい場所から生まれる人とのつながりとは。

人が気兼ねなく交流できる場所を、いつかはじめたかった。

上石神井のイベントスペース〈東京おかっぱちゃんハウス〉が目指すのは、誰もがくつろげる居心地のいい場所。

トークイベントやライブなどのほか、レンタルスペースとして交流会や展示会などのさまざまな催しものが開催される。写真はNUUさんの音楽祭が開催された2018年時のもの
(提供:東京おかっぱちゃんハウス)

100平米もあるという立派な古民家は築70年。かつて三世代の家族がここで暮らしていたといいます。玄関で靴を脱いで上がると、イベントスペースとして貸し出す大広間へ。ふすまを取って3間をつなげた20畳の空間では、音楽ライブやトークイベントなどが開催され、ゆったりと過ごすことができます。昔ながらのこのお屋敷を偶然、インターネットで見つけたのは、Boojilさんがメキシコ留学から帰国してわずか2日後のことでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.