くらし情報『「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?』

2021年8月9日 15:10

「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?

目次

・2.「カシューナッツトマトの冷やし和え麺」
・3.「クリーミーなホタテとクレソンのタルタルたまごサンド」
・4.「ブロッコリーとカリカリアーモンドのナムル」
・5.「パクチーとちくわのエスニックサラダ」
「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?

野菜の切り方や包丁の使い方の基礎を学んだら、いよいよ一品料理作りに挑戦!「和える」はシンプルな調理法で、料理を始めるうえでもベースになる部分。サラダ作りや和え物もよりおいしくなる、3つの方法とテクニックを知ろう。
「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?

「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?

「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?


【箸を使う】千切り・細切りの野菜は間に絡めるように箸でこまめに返す。
箸先が細く、滑って和えにくい場合は箸を上下逆さにして、持ち手側を使って和えるのも手段の一つ。

【スプーンを使う】汁が多いものやコロコロした形状の野菜はスプーンが便利。
水分の多いトマトや、箸では和えにくいブロッコリーやカリフラワーにはスプーンを使いたい。上下を返すように優しく和えよう。

【手を使う】切り方や大きさが違う食材を和えるなら、しっかり手でなじませて。
特にサラダはドレッシングがまんべんなく行き渡らなかったり、道具を使うと葉野菜が傷ついたりするので、手を使うのがベスト。

「切る」と「和える」が、うまくなる課題料理。
1.「海老とクミンのキャロットラペ」

「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?


人参の千切りは、箸で和える練習に最適。また、一緒に和えているクミンは人参の甘みと相性が良く、キャロットラペには欠かせないスパイス。人参は常備野菜として冷蔵庫に余りがちなので、作り置きにすれば味がなじんで最後までおいしく食べられそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.