くらし情報『「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?』

2021年8月9日 15:10

「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?

2.「カシューナッツトマトの冷やし和え麺」

「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?


和え麺のタレは、1㎝角のさいの目切りにしたトマトと、すり鉢ですり潰したカシューナッツ、米油などの調味料を混ぜたもの。麺としっかり味が絡むよう、分離した油の粒がなくなるまでスプーンでしっかり混ぜて、乳化させることが大切。

3.「クリーミーなホタテとクレソンのタルタルたまごサンド」

「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?


トーストの間に挟むたまごサラダは、マヨネーズと茹でたまごの黄身をしっかり練ることでコクを出し、そこに牛乳を足してクリーミーさをアップ。ホタテとクレソンを入れたあとは、ボウルを大きく回すようにさっくりと和えると、クレソンのシャキシャキとした食感が残ってよりおいしくなる。

4.「ブロッコリーとカリカリアーモンドのナムル」

「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?


小房分けしたブロッコリーは形が複雑なので、先に塩、しょうゆ、ごま油でナムルの素をボウルに作り、そこに入れてスプーンで和えるのがコツ。香ばしいアーモンドはごま油と味が喧嘩せず、食感のアクセントにもなるので積極的に使ってみたい食材。

5.「パクチーとちくわのエスニックサラダ」

「和える」は料理の基本!サラダがよりおいしくなるテクニックとは?


細切りにしたきゅうりや玉ねぎの薄切り、5cm幅に切ったパクチーなど形状が違う野菜を一緒に和えるので、ここでは手を使って具材を一つ一つなじませるように和えるのがポイント。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.