くらし情報『「焼く」がうまくなる!気をつけておきたいポイント&課題レシピ3選』

2021年7月17日 14:00

「焼く」がうまくなる!気をつけておきたいポイント&課題レシピ3選

目次

・今回のテーマは…『焼いてみよう。』
・【Q&A】
・【Let’s try!】「焼く」が、うまくなる課題料理。
「焼く」がうまくなる!気をつけておきたいポイント&課題レシピ3選

今回は火を使った調理テクニックを学びましょう。メインディッシュに欠かせない、肉料理や魚料理に使うシーンが多い「焼く」だけど火の通りの目安は?おいしく焼くコツはあるの?Q&A方式で解説していきます。

今回のテーマは…『焼いてみよう。』

焼き魚やステーキなど、厚みがあり火の通りが気になる材料を調理する時の火加減は、実は悩みどころ。ローストビーフのように一度強火でガッと火を入れてから弱火でじっくり焼いてみたり、レシピによって色々ありますが、ビギナーはまず中火を軸にしてスタートしてみましょう。その時、鍵になるのが余熱調理。火の通りを気にして無理に火力を上げて焼くと、焦げつく原因になります。火がきちんと通っているか心配になったら一旦火を止め、蓋やアルミホイルを被せて待つことで、失敗のリスクも減り、時短にも繋がり一石二鳥です。なかには、課題料理のハンバーグのように、あえて余熱調理をすることで肉汁などの旨味を閉じ込めふっくら仕上がる場合もあります。何度もトライして、火加減を見極められるといいですね。

【Q&A】

「焼く」がうまくなる!気をつけておきたいポイント&課題レシピ3選


Q.1「中に火が通っていない時はどうしたらいいですか?」A.1「無理に火を入れず、蒸し焼きに。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.