くらし情報『「焼く」がうまくなる!気をつけておきたいポイント&課題レシピ3選』

2021年7月17日 14:00

「焼く」がうまくなる!気をつけておきたいポイント&課題レシピ3選

前ページで紹介したハンバーグは「蒸し焼き」のような余熱調理も大切。水分を足してフライパンに蓋をするだけで、じっくり火が通り、旨味も凝縮される。

「焼く」がうまくなる!気をつけておきたいポイント&課題レシピ3選


Q.2「肉や魚の焼き方にコツはありますか?」A.2「最初に皮目をしっかり焼こう。」
皮は臭みもあり縮んでしまうのでしっかり伸ばして焼こう。また、焼く時はフライパンの位置や焼くものの位置を変え、火の通りに差が出ないように心がけて。

「焼く」がうまくなる!気をつけておきたいポイント&課題レシピ3選


Q.3「焦げるのが怖くて火加減に悩みます…。」A.3「失敗しないために、まずは中火で始めて。」
火を早く通すために強火にしがちですが、「焼く」ではスタンダードな中火でまずはスタートし、そこから火の通りの様子を見て火加減を調整してみよう。

【Let’s try!】「焼く」が、うまくなる課題料理。

「焼く」がうまくなる!気をつけておきたいポイント&課題レシピ3選


1.「トンテキ バターオニオンゆずソース」
トンテキで使用する豚ロース肉はパサつきやすいが、小麦粉をまぶすことで水分が飛びにくく、さらにソースも吸ってジューシーさがアップする。ここでは中火で両面を1分ずつ焼くのを2セット繰り返すことで、表面がカリッと香ばしい焼き上がりに。

「焼く」がうまくなる!気をつけておきたいポイント&課題レシピ3選


2.「サーモンのさっぱり梅照り焼き」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.