くらし情報『学生時代のアルバイトで特許を取得して起業。〈bloomin〉代表取締役社長・黒田和瑚さん』

2021年7月30日 16:26

学生時代のアルバイトで特許を取得して起業。〈bloomin〉代表取締役社長・黒田和瑚さん

目次

・『無添加のりんごの味をそのまま届けたい。』
・Profile…黒田和瑚(くろだ・わこ)
学生時代のアルバイトで特許を取得して起業。〈bloomin〉代表取締役社長・黒田和瑚さん

働き方改革の影響か、はたまたコロナ禍がきっかけか。ダブルワークをしたり、自分の才能を開花させたり。様々な「夢」を実現させた人たちに、そのきっかけや想いなどを聞いてみました。今回は、〈bloomin(ブルーミン)〉代表取締役社長・黒田和瑚さんにお話を伺いました。7月28日(水)発売 Hanako1199号「ときめくスイーツ大賞」よりお届けします。

『無添加のりんごの味をそのまま届けたい。』

青森県黒石市ののどかな田園風景に、ひときわ目を引く一台の赤い車。黒田和瑚さんが代表を務める〈bloomin〉のキッチンカーだ。

学生時代のアルバイトで特許を取得して起業。〈bloomin〉代表取締役社長・黒田和瑚さん

資金:特別定額給付金、みちのく・ふるさと貢献基金などを活用

スライスした赤い果肉のりんごを、バラの形にして急速冷凍。その技術で特許を取得したのは、当時まだ大学生だった黒田和瑚さん。「市内の冷凍加工会社でアルバイトをしていたとき、赤い果肉のりんごは酸化が進みやすいという課題に直面し、急速冷凍することに。バラに見立てた『アプローズン』を開発したことで、無添加のりんごの味をそのまま届けられるようになりました」

黒田さんが〈bloomin〉を起業したのは、大学4年生だった昨年7月。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.