くらし情報『『わたしはこうして起業しました。』女性起業家たちのきっかけと資金集めの方法とは?』

2021年8月28日 18:00

『わたしはこうして起業しました。』女性起業家たちのきっかけと資金集めの方法とは?

目次

・1.【資金:特別定額給付金、みちのく・ふるさと貢献基金などを活用】学生時代のアルバイトで特許を取得して起業。/〈bloomin〉代表取締役社長・黒田和瑚さん
・2.【資金:アルバイトで稼いだお金】10年でたどり着いた、自分で作ったものでお金を稼ぐ。/縫いぐるみ作家・SOBOROさん
・3.【資金:クラウドファンディング】“個”でなくチームみんなで。参加型支援で鎌倉を元気に。/援農プロジェクトチーム・ニュー農マル
『わたしはこうして起業しました。』女性起業家たちのきっかけと資金集めの方法とは?

働き方改革の影響か、はたまたコロナ禍がきっかけか。ダブルワークをしたり、自分の才能を開花させたり。様々な「夢」を実現させた人たちに、そのきっかけや想いなどを聞いてみました。

1.【資金:特別定額給付金、みちのく・ふるさと貢献基金などを活用】学生時代のアルバイトで特許を取得して起業。/〈bloomin〉代表取締役社長・黒田和瑚さん

青森県黒石市ののどかな田園風景に、ひときわ目を引く一台の赤い車。黒田和瑚さんが代表を務める〈bloomin〉のキッチンカーだ。

『わたしはこうして起業しました。』女性起業家たちのきっかけと資金集めの方法とは?

資金:特別定額給付金、みちのく・ふるさと貢献基金などを活用
『わたしはこうして起業しました。』女性起業家たちのきっかけと資金集めの方法とは?

『わたしはこうして起業しました。』女性起業家たちのきっかけと資金集めの方法とは?


スライスした赤い果肉のりんごを、バラの形にして急速冷凍。その技術で特許を取得したのは、当時まだ大学生だった黒田和瑚さん。「市内の冷凍加工会社でアルバイトをしていたとき、赤い果肉のりんごは酸化が進みやすいという課題に直面し、急速冷凍することに。バラに見立てた『アプローズン』を開発したことで、無添加のりんごの味をそのまま届けられるようになりました」

黒田さんが〈bloomin〉を起業したのは、大学4年生だった昨年7月。資本金は、新型コロナウイルス感染症の経済対策として受給した特別定額給付金を充てたほか、アルバイトしていた冷凍加工会社、りんごの生産者に協力してもらったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.