くらし情報『働く女子のお部屋チェック!コロナ下でも災害にも強い部屋づくり。【vol.1】弁護士・菅原草子さん』

2021年9月7日 09:00

働く女子のお部屋チェック!コロナ下でも災害にも強い部屋づくり。【vol.1】弁護士・菅原草子さん

目次

・お部屋を見せてくれたのは…菅原草子(すがわら・そうこ)/弁護士
・間取りを生かして、一直線の動線を確保。
・【総合評価・】すっきりした暮らしでベッドの位置も安全!
・Interior advice
・Teacher…Misa(ミサ)
働く女子のお部屋チェック!コロナ下でも災害にも強い部屋づくり。【vol.1】弁護士・菅原草子さん

ハナコラボ防災部メンバーの部屋づくりを、Misa先生がチェック!防災の観点から真似したいポイントや改善したほうがいいところをアドバイスします。今回お部屋を見せてくれたのは、弁護士の菅原草子さんです。

お部屋を見せてくれたのは…菅原草子(すがわら・そうこ)/弁護士

働く女子のお部屋チェック!コロナ下でも災害にも強い部屋づくり。【vol.1】弁護士・菅原草子さん


宮城県仙台市出身。東日本大震災時に仙台で被災したことで、防災に対する意識が高まり、グッズなどを準備するように。現在は都内でひとり暮らし。

間取りを生かして、一直線の動線を確保。

働く女子のお部屋チェック!コロナ下でも災害にも強い部屋づくり。【vol.1】弁護士・菅原草子さん


【ROOM DATA】
広さ…25.26㎡
高さ…4階
間取り…1K
人数…1人
築年数…3年

細長い間取りなので、家具の配置が正直難しいのですが、一直線になっている空間を生かして、玄関からベランダまでの動線に何も置かず、避難の際に障害物がないようにしています。玄関には、すぐに履いて外に出られるようにサンダルを置く習慣が。また部屋のわかりやすいところにロウソクも常備。キッチンはガスコンロなので、燃えるものを近くに置かないようにしています。個人的に、広い部屋と狭い部屋では防災的に安全性がどう違うか知りたいです!

【総合評価・】すっきりした暮らしでベッドの位置も安全!

部屋の広さより、ものの多さや配置で安全性が変わってくると思うのですが、全体的にすっきり暮らしていてとてもいいですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.