くらし情報『岩手名物のホロホロ鳥、鮑などを使った開発中の「いわてローカルガストロノミ―BOX」を試食。』

2021年9月16日 15:00

岩手名物のホロホロ鳥、鮑などを使った開発中の「いわてローカルガストロノミ―BOX」を試食。

目次

・自然に恵まれた岩手は、ローカルガストロノミーとしての魅力に溢れた食の宝庫!
・岩手県産食材を使った「いわてガストロノミーBOX」の中から2品を試食。
岩手名物のホロホロ鳥、鮑などを使った開発中の「いわてローカルガストロノミ―BOX」を試食。

岩手県八幡平市の食のブランド化を図る一環として、岩手のホロホロ鳥、鮑などの食材を使った「いわてガストロノミーBOX」が2021年12月より販売開始予定。この「いわてガストロノミーBOX」完成に先立って食の専門家を招いた試食&意見交換会が新たな食の情報発信拠点、新大久保〈K,D,C,,,〉にて行われたのでその様子をご紹介します。

自然に恵まれた岩手は、ローカルガストロノミーとしての魅力に溢れた食の宝庫!

岩手県は、日本で最も古い地層の一つである北上山地を南北に持ち、その山地は太平洋に面してリアス式海岸へと続く地。山深く他所との関わりが取りづらいためか、独自の文化が色濃く残る場所でもあります。古い地層が残っているため、同じ野菜でも独特の味わいが感じられると評価され、食の可能性を大いに秘めています。

また、北上山地から豊かな栄養が流れ育まれる海は、親潮と黒潮がぶつかっていることからプランクトンも豊富で、世界三大漁場にも数えられます。リアス式海岸は大きな内湾を形成しているため、その豊富なプランクトンと穏やかな海を生かした、牡蠣やワカメ、ホヤ、帆立などの養殖も盛んです。さらに郷土料理には、胡桃や蕎麦、小麦を使ったものなど、平地が少なく水田が少ないからこその料理も多く、ローカルガストロノミー(地方の美食)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.