くらし情報『岩手名物のホロホロ鳥、鮑などを使った開発中の「いわてローカルガストロノミ―BOX」を試食。』

2021年9月16日 15:00

岩手名物のホロホロ鳥、鮑などを使った開発中の「いわてローカルガストロノミ―BOX」を試食。

現在は、岩手県食のプロフェッショナルチームアドバイザーや三陸国際ガストロノミー会議実行委員なども務めています。

岩手県産食材を使った「いわてガストロノミーBOX」の中から2品を試食。

岩手名物のホロホロ鳥、鮑などを使った開発中の「いわてローカルガストロノミ―BOX」を試食。

「ジオラマ」。

岩手県は、四国4県と同じくらいの面積があり、ほぼ中央にある城下町・盛岡市まで、沿岸から塩を運ぶために「塩の道」が作られていました。今回の「いわてガストロノミーBOX」では、その道からインスピレーションを得て、広い岩手県をイメージできるように食材の組み合わせにこだわり、料理に仕上げています。完成に先立って行われた試食&意見交換会では、「いわてガストロノミーBOX」の中から2品が登場しました。

三陸の景色を三陸の食材で表現した「ジオラマ」は、「吉浜鮑」で知られているように、岩手特産の鮑を使用した一品。岩手県産の昆布と日本酒でブレゼ(少量の水分でじっくり蒸し煮にするフランス料理の調理法)した鮑を、カリフラワーのムースと合わせ、鮑の肝のパウダー、新鮮な雲丹を焼いた贅沢な焼き雲丹、八幡平マッシュルームのデュクセル(キノコにタマネギ又はエシャロット、タイムやパセリ等のハーブ、黒胡椒を細かく刻んで混ぜ、バターでソテーしてペースト状に煮詰めたもの)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.