くらし情報『岩手名物のホロホロ鳥、鮑などを使った開発中の「いわてローカルガストロノミ―BOX」を試食。』

2021年9月16日 15:00

岩手名物のホロホロ鳥、鮑などを使った開発中の「いわてローカルガストロノミ―BOX」を試食。

というような具体的な提案も聞かれました。

岩手名物のホロホロ鳥、鮑などを使った開発中の「いわてローカルガストロノミ―BOX」を試食。

「塩の道」。

2品目は、食鳥の女王と呼ばれるホロホロ鳥を使った「塩の道」という肉料理。このホロホロ鳥は、岩手県花巻市にある日本で唯一のホロホロ鳥専用農家である〈石黒農場〉のもの。餌には、米と岩手の特産である雑穀を与えているため、肉は甘さを感じるとともに雑味のない繊細な味わいと強いうま味が特長です。このホロホロ鳥の内臓や胸肉、手羽など、切り方を変えてファルス(ピーマンの肉詰めのような肉類や魚類などを野菜に詰めたフランス料理の調理法)にしたのち、ホロホロ鳥の皮で巻いてゆっくりと火入れしています。普通の鶏肉の場合は、スパイスやハーブなどを使うことが多いですが、ホロホロ鳥本来の味を活かすため刻んだりペーストにして、皮で巻き込むなど工夫を凝らし、シンプルに塩だけで調理しています。ソースとして添えているのが、三陸の名産の海藻・マツモ。マツモは食感が良く、香りとうま味が強いのが特徴で、地元ではしゃぶしゃぶして食べるのが一般的。このマツモを干してから焼き、ホロホロ鳥のガラを使ったブイヨンをまぜ、少しだけスパイスをきかせています。

岩手名物のホロホロ鳥、鮑などを使った開発中の「いわてローカルガストロノミ―BOX」を試食。

〈花巻市高橋葡萄園〉の「ツヴァイゲルト2020(赤)」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.