くらし情報『手に届く憧れを叶える、洋菓子店〈SAVEUR〉の魅力。』

2021年9月25日 18:00

手に届く憧れを叶える、洋菓子店〈SAVEUR〉の魅力。

目次

・すーっと体になじんで、また食べたくなるケーキ。
・〈SAVEUR(サヴール)〉/田園調布
手に届く憧れを叶える、洋菓子店〈SAVEUR〉の魅力。

誰もが郷愁を覚えるバターケーキ。懐かしさはそのままに、軽やかに口どけよく作り上げたのが〈SAVEUR〉のお菓子です。開店から1年。老若男女から愛される洋菓子店に育っています。9月17日(金)発売Hanako特別編集『ケーキ、焼き菓子、おやつを買いに。』よりお届け。

すーっと体になじんで、また食べたくなるケーキ。

手に届く憧れを叶える、洋菓子店〈SAVEUR〉の魅力。

清潔感あふれる店内。ケーキが並ぶステンレスのケースには、大きな保冷剤が仕込まれていて、ガラスの箱の中はプチ冷蔵庫のようになっている。

シンプルで着心地がよく、長く着られる日常着を提案する〈YAECA〉が、洋菓子店〈SAVEUR〉を開いたのは2020年10月のこと。田園調布の駅近く。緩い坂道を下った角にある、ガラス張りの白くかわいい店は、たちまちスイーツ好きのハートをつかみ、ほんわか静かなブームを巻き起こしている。パティスリーでもなく、「洋菓子店」とわざわざ冠しているのには訳がある。この店、かつてはどこの町にもあった、みんなに愛される洋菓子店のイメージで作られた。誰の心にもある「手の届く」憧れ。それを具現化したのがこの店だ。

手に届く憧れを叶える、洋菓子店〈SAVEUR〉の魅力。

常時3種あるガトー・ア・ラ・クレームのひとつ、バニラ1個572円。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.