くらし情報『いまこそ、大人の性教育。【Lesson #2】デリケートゾーンの正しいケア方法』

2021年10月1日 18:30

いまこそ、大人の性教育。【Lesson #2】デリケートゾーンの正しいケア方法

目次

・膣トラブルはケア不足が原因。専用コスメでのケアを日常に。
・1.洗浄アイテム
・2.保湿アイテム
・3.マッサージアイテム
いまこそ、大人の性教育。【Lesson #2】デリケートゾーンの正しいケア方法

フェムテック市場の規模が広がる一方で、私たちは自分の体やセクシャリティについて、どれだけ正しい知識を持っているだろうか。生理や避妊について必要最低限のことは学生時代に学んだけれど、あとはタブー視されたり、家庭によって差があったり。快適で豊かな生活を送るために、健やかな未来のために、次の世代へ伝えるために。いまこそ性について学び直そう。今回のテーマは「デリケートゾーンのケア方法。」です。9月28日(月)発売 Hanako1201号「大銀座で昼食を。」よりお届けします。

膣トラブルはケア不足が原因。専用コスメでのケアを日常に。

デリケートゾーンを大切にすることの基本は、「ケアをすること」と森田さんは語る。では、具体的にどんなケアをすれば?

「デリケートゾーンケアの中心となるのが、清潔にする・保湿をする・マッサージをする・筋力をつける、の4つ。ついついほかの部分と同じように洗ってしまったり、ケアを後回しにしてしまったり。そんな声もよく聞きます。例えば、デリケートゾーンの悩みとして多く挙げられる、蒸れやかゆみ、ニオイや乾燥。これらのトラブルは、ケア不足から起きることがほとんど。そのまま放っておくと、感染症のリスクが上がったり、ホルモンバランスの乱れによる冷えやむくみ、生理痛、さらには膣萎縮や性交痛など、様々なトラブルへと発展する恐れが。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.