くらし情報『丸の内で開催中!台湾デザインの祭典『未来の花見:台湾ハウス』。』

2021年10月7日 15:00

丸の内で開催中!台湾デザインの祭典『未来の花見:台湾ハウス』。

目次

・多様なデザインを生み出している台湾の今。
・世界でも活躍する最注目の8人のクリエイターたちの作品。
・台湾デザインの3つの特徴「リソースの統合」、「社会への応用」、「時代に応じるパワー」。
丸の内で開催中!台湾デザインの祭典『未来の花見:台湾ハウス』。

日本と台湾の友情を「花」というモチーフで表現した台湾デザインの祭典『未来の花見:台湾ハウス』が10月17日まで東京丸の内にある〈GOOD DESIGN Marunouchi〉で開催されています。台湾のクリエイター8組の作品が見られる会場にお邪魔してきました。

多様なデザインを生み出している台湾の今。

丸の内で開催中!台湾デザインの祭典『未来の花見:台湾ハウス』。


コロナ禍の台湾で、マスク配布のシステムが構築された話題は記憶に新しいところです。この成功例は象徴的ですが、この10年で台湾のクリエイティブシーンが多様化したことも大きな要素だと言われています。

『未来の花見:台湾ハウス』では今、台湾で最も注目を集める8組のクリエイターによる作品を展示しています。日本で“未来の花見”という名の宴を催すことで、再会を待ち望む気持ち、そして台湾の自由な文化と多様なデザインを届けたいという想いが込められています。

丸の内で開催中!台湾デザインの祭典『未来の花見:台湾ハウス』。

会場で配布されるリーフレットは、折り紙になっていて、折るとかわいい花に。

会場は「台湾の庭園」をイメージ。足を踏み入れるといい香りがしてきます。これは台湾茶香水ブランドが桃園国際空港のために開発したオリジナルの香りです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.