くらし情報『丸の内で開催中!台湾デザインの祭典『未来の花見:台湾ハウス』。』

2021年10月7日 15:00

丸の内で開催中!台湾デザインの祭典『未来の花見:台湾ハウス』。

かわいらしさと環境への配慮、そして台湾らしさも満点です。

作品や事例紹介を含めて、会場のキュレーションは、国際的なコンサルティングファームの〈Plan b〉と、台北でアートブックフェアを主催するキュレーションファーム〈草字頭(Double-Grass)〉が担当しています。展示されている作品の多くにカラフルなガラスが使われていますが、実は再生ガラスです。今回の展覧会には、台湾のガラスリサイクルを行う企業や自動車メーカーなども協力しているとのこと。事例紹介のテーマのひとつ「リソースの統合」も垣間見える展示だと感じました。

さらに会場内は、台湾島の西部、島の中央を南北に走る中央山脈、そして東部にある平野の花東縱谷をイメージして、作品がレイアウトされていて、台湾の環境の多様性も感じられる展示になっています。

『未来の花見:台湾ハウス』は、東京会場で10月17日まで開かれた後、京都に巡回することが決まっています。入場料無料で、今の台湾の一端を垣間見ることができる『未来の花見:台湾ハウス』へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

『未来の花見:台湾ハウス』
東京会場 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F GOOD DESIGN Marunouchi
~2021年10月17日 (日)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.