くらし情報『いまこそ、大人の性教育。【Lesson #9】厚生労働省公認の検査キットで卵巣年齢をチェック!』

2021年10月15日 18:00

いまこそ、大人の性教育。【Lesson #9】厚生労働省公認の検査キットで卵巣年齢をチェック!

目次

・自分の状態を数値化してさらに掘り下げる
・セルフチェックも進化中。
・【卵巣年齢をチェック】
・ほかにも様々な検査キットが登場
・Navigator…金藤美樹穂(きんとう・みきほ)/女性ホルモンバランスプランナー 〈F Treatment〉代表
いまこそ、大人の性教育。【Lesson #9】厚生労働省公認の検査キットで卵巣年齢をチェック!

フェムテック市場の規模が広がる一方で、私たちは自分の体やセクシャリティについて、どれだけ正しい知識を持っているだろうか。生理や避妊について必要最低限のことは学生時代に学んだけれど、あとはタブー視されたり、家庭によって差があったり。快適で豊かな生活を送るために、健やかな未来のために、次の世代へ伝えるために。いまこそ性について学び直そう。今回のテーマは「体のチェックはしっかりしよう。」です。

自分の状態を数値化してさらに掘り下げる

近年、クリニックでしか測定できなかった検査を、自宅でできるキットが続々と登場。コロナ下ということも相まって、その需要が増えているという。日本初の卵巣年齢をセルフチェックできる「Fcheck」を開発した〈Ftreatment〉代表の金藤美樹穂さんに話を伺った。

「Fcheckで検査できるのは、いわゆるAMH(アンチミューラリアンホルモン)の値から算出される卵巣年齢。卵子のまわりの細胞から出るホルモン、AMHの値を測定することで、卵巣にどれぐらい卵子が残っているかの目安を知ることができます。卵子の数は胎生期に一生分が作られ、出生時には約200万個ありますが、毎日約30〜40個程度消滅していき、35歳頃には2万〜3万個になります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.