くらし情報『“新型フードロス”と闘う〈炭火焼濃厚中華そば 海富道〉のメニューに「金目鯛と白子」が登場。』

2021年10月22日 12:00

“新型フードロス”と闘う〈炭火焼濃厚中華そば 海富道〉のメニューに「金目鯛と白子」が登場。

目次

・どんな魚も心を込めて、炭火で焼いて無駄なくすする。
・高級食材が捨てられてしまう理由。
・まるでポタージュ!とろりとした超濃厚スープ。
・トッピングで味変も楽しめる。
“新型フードロス”と闘う〈炭火焼濃厚中華そば 海富道〉のメニューに「金目鯛と白子」が登場。

神田に店を構える〈炭火焼濃厚中華そば 海富道(しーふーどう)〉では、豊洲市場の仲卸業者から仕入れた規格外・過剰在庫の魚を絶品ラーメンに変えて提供しています。この時期ならではの新メニュー「金目鯛と白子」の濃厚でやみつきになる味わいと、コロナウイルス感染拡大による新型フードロスの背景をレポートします。10月は食品ロス削減月間。おいしいラーメンを食べて、現状を見つめて、次のアクションを考えてみませんか?

どんな魚も心を込めて、炭火で焼いて無駄なくすする。

“新型フードロス”と闘う〈炭火焼濃厚中華そば 海富道〉のメニューに「金目鯛と白子」が登場。


ことし5月に神田にオープンしたばかりのラーメン店〈炭火焼濃厚中華そば 海富道(しーふーどう)〉。

手掛けるのは〈なかめのてっぺん〉等の鮮魚系居酒屋を展開するMUGEN(代表・内山正宏 氏)。築地市場が豊洲へ移転する前から仲卸業者の最大手・山治とタッグを組み、「もったいないプロジェクト」と称して、競りの売れ残りや規格外の食材にスポットライトを当てた〈築地もったいないプロジェクト 魚治〉を丸の内にオープンしたのは2015年のこと。

〈炭火焼濃厚中華そば 海富道〉もまた、「もったいない食材」を救出し、社会においしく還元することを目指しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.