くらし情報『時速5キロメートルの自動走行モビリティを用い、”城コンテンツ“の概念を覆す類をみない食体験と旅、『会津新晩餐』。』

2021年12月24日 19:00

時速5キロメートルの自動走行モビリティを用い、”城コンテンツ“の概念を覆す類をみない食体験と旅、『会津新晩餐』。

に乗りこみます。
時速5キロメートルの自動走行モビリティを用い、”城コンテンツ“の概念を覆す類をみない食体験と旅、『会津新晩餐』。


時速5キロメートルで自動走行する「iino(イイノ)」と名付けられた新しい乗り物に乗ります。専用に設けられたソファの上に横たわり、寝転んだり座ったり。ドライバーはいないので、「iino」の上は極上のプライベート空間と化します。

「iino」が移動するとき、乗客は寝そべった状態。しかも後ろ向きに進むことで、視野がどんどん変わっていきます。

鶴ヶ城のビュースポットで提供されるこだわり抜かれた会津のごちそうとお酒。

時速5キロメートルの自動走行モビリティを用い、”城コンテンツ“の概念を覆す類をみない食体験と旅、『会津新晩餐』。

会津は日本酒もおいしい場所。会津でしか手に入らない日本酒も出されます。
時速5キロメートルの自動走行モビリティを用い、”城コンテンツ“の概念を覆す類をみない食体験と旅、『会津新晩餐』。
器は会津塗、会津本郷焼など地元の特産品が使われます。
時速5キロメートルの自動走行モビリティを用い、”城コンテンツ“の概念を覆す類をみない食体験と旅、『会津新晩餐』。

「会津牛のサーロインステーキ」や皇室に献上されることで有名な「身知らず柿」も提供されます。
時速5キロメートルの自動走行モビリティを用い、”城コンテンツ“の概念を覆す類をみない食体験と旅、『会津新晩餐』。

鉄門のそばでも食事が提供されます。
時速5キロメートルの自動走行モビリティを用い、”城コンテンツ“の概念を覆す類をみない食体験と旅、『会津新晩餐』。

月見櫓付近でも停止。シェフが直々に日本酒のマリアージュをすすめます。
時速5キロメートルの自動走行モビリティを用い、”城コンテンツ“の概念を覆す類をみない食体験と旅、『会津新晩餐』。


料理は地元のシェフが腕を振るいます。地元のブランド牛である会津牛のサーロインステーキや福島県をはじめとする東北の郷土料理の三五八漬け、皇室に献上されることもある立派な身しらず柿など郷土色豊かです。
日本酒も料理に合わせて会津地方の地酒が用意され、器も会津塗り、会津本郷焼などで揃えられました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.