くらし情報『食べる分だけつまむ野菜?食品ロス削減のために実践できる買い物アクション。』

2021年11月28日 17:00

食べる分だけつまむ野菜?食品ロス削減のために実践できる買い物アクション。

目次

・余りがちなドライフルーツも、量り売りなら、食べる分だけ無駄なく。
・今、食べる分だけつまんで、残りも新鮮にキープ。
食べる分だけつまむ野菜?食品ロス削減のために実践できる買い物アクション。

食品ロスの半分近くは、実は家庭から出ている。お得だと思って大袋入りを買ったものの、食べ飽きてしまったり、腐らせてしまったり……。量り売りで食べられる分だけ買えば、フレッシュでおいしく、そして食品ロス削減に。

余りがちなドライフルーツも、量り売りなら、食べる分だけ無駄なく。

食べる分だけつまむ野菜?食品ロス削減のために実践できる買い物アクション。

左から、有機ブラックペッパーホール100g 1,556円、有機カシューナッツ250g 2,208円、オーガニック・フンザアップル250g 3,976円、有機カレースパイス100g 1,901円、木のスプーン1,650円(全てN.HARVEST 03-5941-3986)、左のガラスジャー1,210円、琺瑯のジャグ5,500円(共にレイバー・アンド・ウエイト・トウキョウ 03-6804-6448)

好評の量り売りでは、自前の容器も持ち込みOK。ドライフルーツとナッツ250g~、スパイスは100g~販売。

今、食べる分だけつまんで、残りも新鮮にキープ。

食べる分だけつまむ野菜?食品ロス削減のために実践できる買い物アクション。

左から、わさびルッコラ、レッドソレル各213円、イタリアンパセリ、イタリアンバジル各257円(全て紀ノ国屋インターナショナル 青山店 03-3409-1231)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.