くらし情報『「宇宙まわり」で働く女性たち。/ANAホールディングス 宇宙事業チーム・松本紋子さん』

2022年1月2日 10:00

「宇宙まわり」で働く女性たち。/ANAホールディングス 宇宙事業チーム・松本紋子さん

目次

・飛行機への熱い思いが、宇宙への扉を開いてくれた。
・「飛行機をより安全に運航するために、宇宙を役立てる。」
・飛行機と宇宙をつなげるヒントになる松本さんの参考図書。
・Profile…松本紋子(まつもと・あやこ)
「宇宙まわり」で働く女性たち。/ANAホールディングス 宇宙事業チーム・松本紋子さん

一見、男性ばかりなのでは?という印象を持たれがちな宇宙業界。実は多くの女性たちが生き生きと活躍しているという。宇宙にまつわる仕事をしている方の、やりがいや思いとは?今回は、ANAホールディングス 宇宙事業チーム・松本紋子さんにお話を伺いました。12月25日(土)発売Hanako1204号「幸せをよぶ、神社とお寺。」よりお届けします。

飛行機への熱い思いが、宇宙への扉を開いてくれた。

「宇宙まわり」で働く女性たち。/ANAホールディングス 宇宙事業チーム・松本紋子さん


航空会社〈全日本空輸〉を擁する〈ANAホールディングス〉で、宇宙事業を先導する松本紋子さん。「実は宇宙が大好きというわけではないんです」と打ち明けた彼女が、この事業に従事するようになったのは、「より安全に飛行機を飛ばしたい」という思いがあったから。

入社してすぐ配属されたのは、主にパイロットの飛行計画を練る運航支援の仕事。天気図を読み、どのルート、どの高度で飛ぶのが安全でエネルギー効率がいいかを考える仕事だ。羽田、成田、北京で運航支援を行う中で運航管理者の国家資格を取り、運航計画も作れるように。「大学では流体力学の勉強をしていて、翼の周りの空気の流れには興味がありました。飛行機が安全に飛ぶにはどうしたらいいか、考え続けています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.