くらし情報『【京都】海を渡って〈籠神社〉へ。宮津・天橋立のたもとで元伊勢として名を馳せる。』

2022年1月8日 13:55

【京都】海を渡って〈籠神社〉へ。宮津・天橋立のたもとで元伊勢として名を馳せる。

目次

・御祭神それぞれの加護が込められた端正なお守り。
・古代の信仰が今に残る奥宮 眞名井神社。
・天橋立で結ぶ両岸を船で渡るプチ旅。
・リフトやケーブルカーで眺める絶景。
・味わいたいのは、対岸の門前の名物。
・〈籠神社〉
【京都】海を渡って〈籠神社〉へ。宮津・天橋立のたもとで元伊勢として名を馳せる。

日本には日々の喧騒から離れて静かに心を取り戻す場所が守られている。敷地内を心地よい風が抜け、鳥の声が聞こえる神社やお寺だ。昔の人もそっと自分をかえりみたり、大事な人の健康を願った。私たちも時間に余裕ができたら大自然に抱かれた社寺へも、参拝を目的に訪れてみてはどうだろう。緊張した日々を過ごしたこの一年、2022年への希望と共に新たなる一歩を踏み出すために。今回は、京都〈籠神社〉を訪れました。
【京都】海を渡って〈籠神社〉へ。宮津・天橋立のたもとで元伊勢として名を馳せる。

南岸の〈天橋立ビューランド〉から眺める天橋立。籠神社は対岸に位置する。

日本三景のひとつ、天橋立(あまのはしだて)は京都北部の宮津湾に浮かぶ白砂青松(はくしゃせいしょう)の架け橋。その付け根に位置する籠神社(このじんじゃ)へは海を渡る観光船で向かうことを勧めたい。短いとはいえ船旅で海風を切って向かえば、少し清められた気持ちになるから不思議。

【京都】海を渡って〈籠神社〉へ。宮津・天橋立のたもとで元伊勢として名を馳せる。

鳥居から一直線に続く拝殿。幕の十六八重菊花紋は伊勢神宮と同じで、縁の深さを伝えている。巫女さんの鮮やかな髪飾りが可愛らしい。
【京都】海を渡って〈籠神社〉へ。宮津・天橋立のたもとで元伊勢として名を馳せる。

屋根に守られた狛犬は鎌倉時代に作られた石造りで、魔除けの力があると伝わる。どことなく愛らしい表情で、模した土鈴もある。

清々しい気分で参拝を終えたら、迷わず拝殿の脇へ進んでほしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.