くらし情報『【福岡】迷った道も開ける?道ひらきの三女神の社〈宗像大社〉へ。』

2022年1月14日 18:00

【福岡】迷った道も開ける?道ひらきの三女神の社〈宗像大社〉へ。

目次

・【辺津宮】
・【中津宮】
・【授与品】生きる道でも道路でも、安全に守る心の拠り所。
・〈宗像大社〉
【福岡】迷った道も開ける?道ひらきの三女神の社〈宗像大社〉へ。

日本には日々の喧騒から離れて静かに心を取り戻す場所が守られている。敷地内を心地よい風が抜け、鳥の声が聞こえる神社やお寺だ。昔の人もそっと自分をかえりみたり、大事な人の健康を願った。私たちも時間に余裕ができたら大自然に抱かれた社寺へも、参拝を目的に訪れてみてはどうだろう。緊張した日々を過ごしたこの一年、2022年への希望と共に新たなる一歩を踏み出すために。今回は、福岡〈宗像大社〉を訪れました。
【福岡】迷った道も開ける?道ひらきの三女神の社〈宗像大社〉へ。


神宿る島として、世界遺産に登録される宗像・沖ノ島と関連遺産群。中心となる宗像大社(むなかたたいしゃ)は『日本書紀』にも登場する日本最古の神社のひとつ。天照大神(あまてらすおおみかみ)が御子神の三女神を遣わせたとされ、島全体が神域の沖ノ島の沖津宮(おきつみや)。沖ノ島を望む遥拝所を持つ大島の中津宮(なかつみや)。そして総社である辺津宮(へつぐう)の三宮の総称だ。

沖津宮は一般の人は立ち入ることができず、遠くからその姿を見るのみ。まずは三女の市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)が祀られた辺津宮への参拝から。五間社流造(ごけんしゃながれづくり)の本殿、古代祭祀の姿を今に伝える社殿のない高宮祭場、唯一神明造の社殿が並ぶ第二宮(ていにぐう)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.