くらし情報『江戸っ子の遊び心を感じる小さな縁起物を求めて〈助六〉へ。ここでしか手に入らない縁起物が3500種以上も。』

2022年1月15日 20:29

江戸っ子の遊び心を感じる小さな縁起物を求めて〈助六〉へ。ここでしか手に入らない縁起物が3500種以上も。

江戸っ子の遊び心を感じる小さな縁起物を求めて〈助六〉へ。ここでしか手に入らない縁起物が3500種以上も。

お寺や神社でいただけるものも民芸品として作られているものも同じく、願いが込められた縁起物。意味を知ると、もっと魅力的に。今回は、江戸っ子の遊び心と誇りを感じる小さな縁起物についてご紹介します。
江戸っ子の遊び心を感じる小さな縁起物を求めて〈助六〉へ。ここでしか手に入らない縁起物が3500種以上も。

右から、ひっくり返して宙から落としても必ず綺麗に着地するおもちゃ「ずぼんぼ」2,000円には「地に足をつけて」という意味が。「歌舞伎で十二支」4,000円、「とんだりはねたり」3,500円は飛びはねた拍子に虎の被り物が取れて次の干支・兎が現れる。
江戸っ子の遊び心を感じる小さな縁起物を求めて〈助六〉へ。ここでしか手に入らない縁起物が3500種以上も。

右から、「多幸猫」4,000円、病気よけを祈る「赤梟」4,300円、犬という字に竹を被せると「笑」に似ることから子どもの笑顔を願う「笊かぶり犬」3,900円。

にぎわいを取り戻しつつある東京・浅草の仲見世。ここで1866年から続く江戸趣味小玩具店〈助六〉には全国からお客が集まる。浅草へ修学旅行に来る学生が、母親から買い物を頼まれることもあるという。かつて取引した百貨店への卸をやめたことで、ここでしか手に入らない縁起物が3500種以上もあるからだ。

江戸っ子の遊び心を感じる小さな縁起物を求めて〈助六〉へ。ここでしか手に入らない縁起物が3500種以上も。

木村さんは5代目。

江戸趣味小玩具は、江戸時代の奢しゃ侈し禁止令により大きな玩具がご法度になったことが始まり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.