くらし情報『水引デザイナーの長浦ちえさんが語る、次代へ繋ぎたい水引デザインの魅力。』

2022年1月22日 12:00

水引デザイナーの長浦ちえさんが語る、次代へ繋ぎたい水引デザインの魅力。

目次

・脈々と受け継がれる水引の本質を知って次代へ繋ぐ。
・Navigator…長浦ちえ(ながうら・ちえ)
水引デザイナーの長浦ちえさんが語る、次代へ繋ぎたい水引デザインの魅力。

可愛らしさやデザイン性で近ごろ人気の水引。本質を大切にしたいという水引デザイナーの長浦ちえさんに、知って贈りたい、受け取りたい、水引のことを聞きました。「見えない気持ちを形にできる水引」

脈々と受け継がれる水引の本質を知って次代へ繋ぐ。

水引デザイナーの長浦ちえさんが語る、次代へ繋ぎたい水引デザインの魅力。


祝儀袋や正月飾りなど、日本の冠婚葬祭に欠かせないものであり、また近ごろではアクセサリーなどとしての人気も高い水引。デザイナーとして、オリジナリティあふれる作品からプロダクトまでを手がける長浦ちえさんは水引アレンジの先駆者だ。日本文化という枕言葉に惹かれ、水引デザインを仕事に選んだ長浦さん。

「振り返ると人と人の繋がりを不思議に感じたり、ものにも人格があるように思えて捨てられない子どもでした。大人になって、ご縁について考えていたことや、八百万(やおよろず)の神のことを知って腑に落ちました。見えないご縁も、ありがとうやおめでとうの気持ちも、言葉にできても形のないもの。それを形にできるのが水引と、携わるうちに知ることに」紙をこよりにして糊で固めた水引。

水引デザイナーの長浦ちえさんが語る、次代へ繋ぎたい水引デザインの魅力。

一富士二鷹三茄子や、鶴と朝日など縁起物づくし。「下絵は描かず、頭の中でイメージすると手が動きます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.