くらし情報『【東京】ユニークで心に残る言葉たちに出会える寺院4選』

2022年1月24日 12:00

【東京】ユニークで心に残る言葉たちに出会える寺院4選

目次

・1.〈妙円寺(みょうえんじ)〉
・2.〈本明寺(ほんみょうじ)〉
・3.〈林海庵(りんかいあん)〉
・〈蓮光寺(れんこうじ)〉
【東京】ユニークで心に残る言葉たちに出会える寺院4選

寺院の掲示板に貼り出されている標語。ユニークで心に残る言葉だと注目されている。 名言で脚光を浴びている寺院へ出かけてみると、思いがけない言葉との出会いがあるだろう。

原宿の裏通りに佇む妙円寺。門の手前にある大きな掲示板に貼り出される、住職の手書きの言葉が注目されている寺院の一つだ。住職の本間大智さんは「違うモノの見方ができる言葉を貼り出しています。私自身で考えた言葉のほか著名人、作品からも言葉を引用しています」と語る。

ネット社会になって、より他人の意見を気にするようになったからだろうか、「お釈迦様を嫌いな人もいた『誰にも嫌われたくない』なんて思わなくていい」という言葉も。仏教を説き始めた時、お釈迦様に批判的な意見を持つ人がいたことを踏まえ、本来の自分の意見を貫き、過度に他人の目を気にしなくてもいいという意図がある。人間であれば考えてしまう損得勘定を捨て、時々は損してもいいというおおらかな気持ちでいてほしいとの思いから書かれた「損得ばかりじゃ疲れちゃう たまには損でもいいじゃない」。「諸行無常人生は逆転だらけ」は、仏教の教えにもある、どんなところにも光があるということを伝えたかったそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.