くらし情報『インドネシアに〝料理隊員〞として派遣された阿部春香さんの場合』

2022年2月26日 18:00

インドネシアに〝料理隊員〞として派遣された阿部春香さんの場合

目次

・RESULT!:日本食への思いが増し、 さらに経験を重ねていく。
・インドネシア人に日本料理を教え、改めてその素晴らしさに気づいた
・「差し替え」“気づき”のきっかけは?:当たり前と思っていた調理場の姿を再認識。
・影響を受けたモノは?:親戚の姿を見て、海外生活に憧れた。
・JICA海外協力隊で、“気づき”の種を。
・INFORMATION:活躍のチャンスを掴んで人生をカラフルに。
インドネシアに〝料理隊員〞として派遣された阿部春香さんの場合

JICA海外協力隊で活動した阿部春香さん。
参加したきっかけや、現地で得た“気づき”について話を聞いた。
インドネシアに〝料理隊員〞として派遣された阿部春香さんの場合

あべ・はるか/代々木八幡〈地のものバルMUJO〉で朝食とランチを担当。調理師専門学校を卒業後、都内の和食居酒屋で調理。その後23歳でJICA海外協力隊料理隊員としてインドネシアに派遣された。

RESULT!:日本食への思いが増し、 さらに経験を重ねていく。

インドネシアに〝料理隊員〞として派遣された阿部春香さんの場合

インドネシアの生徒たちに料理を教えていたら、もう少し勉強したくなったという阿部さん。帰国後、さらに経験を積むために旅館で働いたり、はたまたワーキングホリデーで行 ったカナダで初めて和食以外の調理を経験したり。「やっぱり日本食が好き!」という思いを強くし、現在は代々木八幡の居酒屋〈地のものバルMUJO〉でおいしい和定食を提供中。
インドネシアに〝料理隊員〞として派遣された阿部春香さんの場合

1.代々木八幡界隈には定食を食べられる和食屋が少なく、重宝されているそう。常連さんが隊員だった人を連れてきてくれることも。
インドネシアに〝料理隊員〞として派遣された阿部春香さんの場合

2.ランチセットを調理中。
インドネシアに〝料理隊員〞として派遣された阿部春香さんの場合

3.阿部さんの賄いは、インドネシアで覚えたカレー。

インドネシア人に日本料理を教え、改めてその素晴らしさに気づいた

高校卒業後、日本食の世界に身を置く阿部春香さんは、インドネシアに〝料理隊員〞として派遣。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.