くらし情報『作家・鈴木涼美さんが愛するコーヒー時間。「気分転換はコーヒー、甘いもの、たばこで。」』

2022年5月15日 12:00

作家・鈴木涼美さんが愛するコーヒー時間。「気分転換はコーヒー、甘いもの、たばこで。」

作家・鈴木涼美さんが愛するコーヒー時間。「気分転換はコーヒー、甘いもの、たばこで。」

忙しい日々の中でのコーヒーブレイクが頭をクリアにしたり、自分らしさの輪郭に気づけたりする日常のスイッチに。十人十色の楽しみ方を伺った。今回は、作家・鈴木涼美さんの愛するコーヒー時間を教えてもらいました。
作家・鈴木涼美さんが愛するコーヒー時間。「気分転換はコーヒー、甘いもの、たばこで。」

〈デロンギ〉のコーヒーメーカーは、豆と水をセットするだけのシンプルな構造。起床後すぐに、朝飲む分をセットする。

鈴木涼美さんのコーヒーメーカーの、一人暮らしには意外なほど大きなサイズ感に驚く。「6杯分淹れられるから、ガブガブ飲みたい私には、これがぴったり。1日に3~4回コーヒーを落とすので、1日に約20杯も飲んでいる計算に。マイルドな味わいの〈ライオンコーヒー〉など、ハワイ産の豆を選ぶことが多いです」

作家・鈴木涼美さんが愛するコーヒー時間。「気分転換はコーヒー、甘いもの、たばこで。」

コーヒーを注ぐカップは、通常の倍量入りそうな大きなものを愛用。「コーヒーと甘いお菓子、コーヒーとたばこ、どちらの組み合わせも好き」
作家・鈴木涼美さんが愛するコーヒー時間。「気分転換はコーヒー、甘いもの、たばこで。」

仕事スペース。デスク横に、資料に侵食されない休憩場所を確保。気分転換はここで。

たっぷり淹れる理由は、長時間にわたる執筆のお供だから。デスク横のミニテーブルには、コーヒー、甘いもの、たばこの、休憩3点セットを用意。行き詰まったら、いすをクルッと向けて休息を挟み、また原稿に戻る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.