くらし情報『スタイリストが部屋をブラッシュアップ!お部屋をワンランクアップする『布』の使い方 vol.2』

2022年6月20日 18:00

スタイリストが部屋をブラッシュアップ!お部屋をワンランクアップする『布』の使い方 vol.2

目次

・お悩み部屋の住人はこの2人
・今回のワンアイテム…「布」
・1.キルトの柄を広く見せて異国情緒を強調します。
・2.洗濯できるカバーで、ソファを包んで。
・3.ピンストライプとリネン、布一枚でイギリス風に早変わり。
・4.ファッションアイテムはインテリアにも使えます!
・Navigator…官野亜海(かんの・あみ)
スタイリストが部屋をブラッシュアップ!お部屋をワンランクアップする『布』の使い方 vol.2

たった1つのアイテムを家に迎えるだけで、インテリアの完成度が上がり、部屋がぐっと心地よくなる。そんなテクニックを、スタイリストの官野亜海さんが伝授。「圧迫感のない自然素材やガラスのキーアイテムを、用途に縛られずに取り入れるのがコツ」とのアドバイスを元にハナコラボ パートナーの自宅をブラッシュアップする。

お悩み部屋の住人はこの2人

スタイリストが部屋をブラッシュアップ!お部屋をワンランクアップする『布』の使い方 vol.2

スタイリストが部屋をブラッシュアップ!お部屋をワンランクアップする『布』の使い方 vol.2


写真・動画クリエイター・永田尚子(ながた・なおこ)「育児中でも、イギリスアンティーク調を楽しみたい!」
4LDKの一軒家に越して4カ月。イギリスアンティーク調やカフェ風のインテリアが好き。7歳・5歳・0歳の息子の子育て中で、繊細なガラスやスタンド型の小物が置けないという制限がある。ごちゃつかず実用性も大事にしながら、好きなテイストに挑戦したい。

スタイリストが部屋をブラッシュアップ!お部屋をワンランクアップする『布』の使い方 vol.2

スタイリストが部屋をブラッシュアップ!お部屋をワンランクアップする『布』の使い方 vol.2


ハナコラボプロデューサー・土屋志織(つちや・しおり)「今の持ち物を生かしながら、遊び心で彩る方法は?」
1LDKの賃貸マンションで一人暮らし。チェストやテーブルなどの家具を気に入ってはいるが、前の家からそのまま持ってきた印象を拭えないのが悩み。今ある赤い小物を生かしつつ、部屋をもっと飾りたい思いが。狭く感じさせずに彩る方法を知りたい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.